2014年の運勢


2014年がどんな年なのか、気学でみてみると、どうなるのでしょうか?

下の図は、2014年(2月4日から2015年2月3日まで)の九星気学の星の配置です。

一から九までの九つの星の配置と、今年の干支の「午」、十干の「甲」を合わせてみることで、2014年を見ます。

下の図で、中央が「四」となっています。
これは、四緑木星が、今年の星であることを表しています。

宇宙に存在するすべての生命と物質が四緑木星の影響を受ける年ということです。

今年の1年の徳のある方角「恵方」(正しくは歳徳としとく)は、東で「二」の二黒土星がある方角です。(正確には、真東から5度北よりから15度北よりまで)

この方角の神社や仏閣にお参りすることを「恵方参り」といいます。

「五」の五黄土星が北西にあり、今年は「五」の向かいの南東に「三」三碧木星です。
北西「五」と南東「三」と「九」の九紫火星がある北は、ピンクであらわしました。

このピンク色の方位は、「凶方」です。
「凶方」は、絶対に行ってはいけないというのではなく、行くには気を付けると良い方向です。ただし、引っ越しや勤め先の移動の場合、その方向が「凶方」の場合、鑑定を受けられることをお勧めします。
「凶方」は、毎年変わるので、年が明ければ問題なくなる場合もあります。

2014年の九星配置図(年盤)

2014年の九星配置(年盤)

今年は「甲・午・四緑木星」の年。

今までの問題を解決する新しい芽が伸びてきて、それを阻止しようとする力を受けるが、少しずつ前進するイメージです。

強い決意で革新断行の1年です。

天の気 甲:     硬い殻を破る

人の気 四緑木星:虐げられてきた人に倍の成果が訪れる

地の気 午:     覆われた下で陰の気が陽を突き破って伸びてくる。

 景気は回復基調で、企業の設備投資も増えます。
飛行機事故や、大雨、干ばつなどの自然災害、そしてテロや暴動も多い1年。
それでも、旅行はブームになって、国外へ行く人も、日本を訪れる外国人観光客も増えるでしょう。