2015年2月4日立春の恵方参り

みなさま、こんにちは!
九星気学では、2月4日の立春から新年がスタートします。

2月4日は、恵方参りに行きましょう♪
ご自宅から西南西(西から5度~15度南の方向)に。

恵方参りをすると、
「思いがけないチャンスを見逃さないようになる。」といわれています♪

チャンスは、いろいろと転がっているのですけど、それがチャンスだと見抜けないから、
つかめないのですよね。

「これは、チャンスなのか?」
まず、そこがわかれば、いろいろなチャンスに恵まれているのに気づきます。

そうなってくると、チャンスの中でも、どのチャンスをつかむかですね。
選択する力も、この恵方参りで授けてもらっちゃいましょう♪

そして、そのチャンスに乗る勇気も、いただけるようにお祈りしましょう。

さて、お参りをする神社仏閣などの神聖な場所の探し方や
お参りの仕方をご紹介します。

以前書いた「秋分の恵方参り」と、お参りの仕方は同じですが、
お参りに向かう方角が違います。

それで、去年とは違う神社仏閣を探すのです。
今年は、去年の恵方から180度のところ、つまり、真反対の方向です。

恵方は、お住まいのご自宅からの方角なので、
住んでいるところが違うと、違ってきます。
360度の分度器の10度分の幅があるので、その幅の中に入れば、
お住まいが違っても同じ神社にお参りすることもあります。

<恵方参り>

恵方参りは、天の恵みを受け取ること。
神社、仏閣、教会などの神聖な場所をお借りして、
天と地と自分のエネルギーを繋げることが目的です。

九星気学は、天の気、人の気、土の気の3つの動きを見るものでしたね。

この3つの気をつなげるのが恵方参りなのです。

お参りしたあと、簡単なポーズをとると、3つの気をつなげることができるとされています。

1、まず、ご自宅から750m以上離れた恵方の神社仏閣等の神聖な場所に行きます。

2、そして、その神社仏閣のお参りのお作法で、お参りします。

3、次に、境内の気のよさそうなところで、立ちます。
これは、あなたがそう感じたらOKです♪

4、さあ、そしてポーズをとってください。
右手で天を、左手で地を指します。

このポーズは、「お釈迦様が生まれた時に、すぐに歩き出し、天と地を指差した」
といわれている、有名なお釈迦様のポーズなんです。

このポーズをとると、天の陽のエネルギーを右手の陰が受けて、
体を通して、左手の陽に流し、土の陰に受け取ってもらう、ということになります。

体の中に、ぜひ、このエネルギーを流してみてください。

5、このとき、心に思うのは、天の気(神仏や宇宙)への感謝と、
地の気(親や先祖)への感謝と、
人の気(周りで支えてくれる家族や仲間)への感謝です。
これが大事です!

さあ、恵方参りでエネルギーを体に流しましょう!

チャンスに恵まれる1年となりますように!

2015年1月の各星の運勢

みなさま、あけましておめでとうございます!
カレンダーの上では、2015年が始まりました。

九星気学では、今年は2月4日の立春からが新年です。
カレンダーとは、約1か月違うんです。

ということで、2015年1月は、四緑木星が中宮の年の最後の月です。

では、今月の各星の運勢をお知らせいたします。

2015年の1月(1月6日~2015年2月4日)の各星の運勢

<一白水星>

幸運期に入ってきました! あわてて動かないように試運転くらいの気持ちで♪

 

<二黒土星>

深呼吸して気持ちを落ち着け、静かに対応する一月。あきらめないで。

<三碧木星>

ゆっくり始動、着実に。許す気持ちが大切な月。笑顔で優しく、太陽のように!

<四緑木星>

見るもの聞くものが新鮮に感じる。アイデアがきらめくとき。メモを忘れずに。

<五黄土星>

体調も気分も良い!こういう時は言葉に注意。

<六白金星>

大きな変化が始まる月。周囲をよく見て無理に動かないで。柔軟に謙虚に。

<七赤金星>

いろいろと忙しいが、イライラしないで細心の注意で丁寧に進める気遣いを。

<八白土星>

学びの年に向けての一月。外に出て人と交流して人間関係と情報を蓄えよう。

<九紫火星>

小さな変化が起きる。この幸運期に向かう変化に、じっくり構えて、ゆっくり楽しむ。