目標型人生と展開型人生 【内藤先生コラム1】

今日は、目標型人生と展開型人生について書いてみたいと思います。

目標型人生は、ゴールを決めて、それに向かって進んでいく人生です。

展開型人生は、その時あったご縁にのっかって人生をわたりあるく人生です。

もちろん、両者のハイブリッド型もあると思います。 みなさんはどちらの人生ですか?

どちらの人生にも優劣はないと思いますが、キャリアコンサルタント時代にお会いする方は

展開人生が多かったような気がします。

これまでの転職理由を聞いていると、半分以上の人は自分で自発的に転職先をさがしたというよりは、

元上司や元同僚のお誘いで新しい職場に転職したという方が、結構いらっしゃいます。

そう考えると縁というものは、やはり身近にあるのかと思います。

気学では、縁の触れ方を非常に大事にします。

現在の職場で全力で頑張っていると、その頑張りがいろいろなところから認められ、

周りの人に引き上げられて、よい縁を得ることができ次への人生につながっていくのを感じます

また、易で「時中」という言葉があります。タイミングをみて動くという意味です。

易の思想は行動するときと、そうでない時がはっきりしています。易では、行動だけでなく”Positive Waiting”、いわゆる”積極的待ち”が

重視されます。得てして、行動を起こすことに、目がいきがちですが、”積極的に待つ”ことも人生の大事な戦略の一つです。

人生に成功されているエグゼクティブな方をみると、むやみやたらずに動かずに、人生の波を見計らって、

じっとタイミングがくるまで、力をたくわえ、ビッグウェーブがきた瞬間に、チャンスをのがさず、勇気をもって、のっていく姿勢が多いですよね。

来た波にさからわずにご縁にのっていく。そうすると、求められて動くので、比較的スムーズにことが進んでいきます。

展開型の人生の成功者の、最たるものは”わらしべ長者”ですよね!笑

僕自身はやはり、展開型の人生のような気がします。いろいろな方からご縁を頂きました。

これからも、よいご縁をつくりつつ、いいチャンスをつかんでいくような人生を歩みたいと思います。

内藤光一

2014年7月の各星の運勢

<一白水星>

ようやく底を脱して徐々に運気が上がってきました。
多くの人に、明るく挨拶してみましょう。人々があなたのもとに集まってきます。
人の好き嫌いが少ないあなたですが、受け入れられない気持ちになったら、要注意です。
印その人の象だけで判断しないように。新しい人とも親しくなって運気アップです。

 

<二黒土星>

いよいよ運気は最高に!今月は、迷わず自分の考えを通して、相手の理解を得よう。
こんなとき、高圧的になったり上から目線はせっかくの運気を下げますから、気を付けて。
疎遠になった人や、逃した契約などが戻ってきます。
新しいことも芽をだすので、見逃さないように。

 

<三碧木星>

今月も好調だが、少し休憩しながら前進しよう。休養を取ると周囲が良く見えて、
感謝とともに、更に成長する道筋が見えてくる。
周りの人を振り回して疲れさせていたことにきづいて、相手のことを考えるときです。
気分をリフレッシュして、今までの継続を更に続けましょう。

 

<四緑木星>

運気は強いが、誤解されやすい月なので、発言や態度は、注意しながら慎重に。
仕事関係の方にも、友人、親戚にも丁寧な態度で、接してください。
長幼の順や会社の序列なども大切に、連絡や報告などの対応をしましょう。
今月は一気に進めずに、ゆっくりと。強引に進めないで抵抗する人の話を聞くときです。

 

<五黄土星>

好調な月です。人間関係が良いときなので、食事や打ち合わせがチャンスを呼びます。
問題の解決に最適のとき。あらゆる関係づくりを友好的に進めましょう。
書類の提出や、許認可を受けるのにも最適な月です。大切な人から相談の呼び出しがあったら、
その話を受けること。情報や人材、技術的なことは、商工会議所や銀行に相談しよう。

 

<六白金星>

家族や友人と過ごすのが楽しい月。多くの人たちと交流する時間を持ちましょう。
楽しさの中で、調子に乗った言い方をするとトラブルを起こすことも。気を付けましょう。
思いがけず、人ともめることもあるので、そんなときは、落ち着いてゆっくり話せば
理解を得られます。仕事やプライベートでの変化は、どんどん乗りましょう。

 

<七赤金星)

改革が始まる月。目の前のことをしっかり対処すれば次なる人生へ。
友人や仕事関係の人と心を通わせる仲になる。恋が芽生えることも。自分が持っている
情報や技術、人間関係を遠慮なく人に与えよう。そこから精神的な深い関係が生まれる。
自分が持っている情報を遠慮してつたえないでいると、それがトラブルになるから急ごう。

 

<八白土星>

迷いやすく体調がすぐれない月。人間関係も、言い争いを起こしやすく注意が必要。
選択肢がたくさんあるのには意味がある。自分で判断しないで助言所を見つけること。
生活や仕事は、踏ん張り時。能力をひけらかさずに、実直に、一歩一歩歩みを重ねていこう。
心の底に情熱を持ち続け、堅実に成長することで繁栄を得る。

 

<九紫火星>

先月より良い。徐々に回復へ向かうので、焦らずにゆっくりと暮らそう。
大胆な発言は誤解を生むので、できるだけ丁寧で謙虚な話し方をしましょう。
ささいなことで年上の女性とトラブルになそうになったら感情を抑えて丁寧に。
思うことが通りにくいけれども、来月は進みが良いので、ここが我慢のしどころ。

土用丑の日は、うなぎ!

7月は、20日から土用に入ります。

『土用丑の日』といえば、うなぎ!

暑い夏は、「うなぎ」でスタミナをつけたいな~という気になりますよね。
今年の『土用丑の日』は7月29日です。

この土用(どよう)は、立夏・立秋・立冬・立春の直前の約18日間ずつの期間のことです。
土用の18日間は、「土いじりをしてはいけない」といわれています。

これは、この期間「土公神がいる」から、土の神様がいる間は土を動かさずに静かにしましょう、
ということだそうです。

ただ、農業や、建築現場では18日も仕事ができないのは困るので、
「土公神が文殊菩薩に招かれて出かけているから、土いじりをしてもいい」とされる日があります。

夏は、卯・辰・申の日です。(春、秋、冬は違う日になります。)

今年は、7月20日から8月6日が土用。

土用は、ちょうど季節の変わり目。
このときは体調を崩しやすいので休むように、という昔の人の知恵が
「土用の期間の土いじりを禁止を生んだ」という説もあります。

土用は、無理をしないで体を休めて、「うなぎ」を食べて、夏を楽しく過ごしたいですね。

気学を知ると、季節の変化に沿って、人は生きていくものだな~、と改めて思います。